SEARCH

BATIK - How It’s Made

BATIK - How It’s Made

バティックの作られ方

人の手でつくる、伝統的なろうけつ染め

模様付け

1. 模様付け

溶かした蝋を銅製のスタンプ型に付着させ、模様を描きます。(蝋専用のペンのような道具を使って、手で模様を描く場合もあります)

隙間の無いように、蝋の付き方が均等になるように素早くスタンプを押していきます。

染色

2. 染色

模様の蝋が乾いたら、その上から染色します。
蝋のある部分は染色されません。
色によっては、目標の色に到達するまで何度も染色過程を繰り返します。

乾燥

3. 乾燥

乾かして色味を浸透させます。通常直射日光にあたらない、風通しのよいところで乾かします。

蝋取り

4. 蝋取り

熱々の釜で蝋を落とします。
蝋のある部分が溶け、模様が浮かび上がります。

この時溶けて浮き上がった蝋は収集され、冷やし固めて再利用されます。

コーティング&洗浄

5. コーティング&洗浄

熱々の釜から布を引き上げて、落としきれなかった蝋を水で洗い落とします。
色落ちししづらいように、薬剤に付けその後また洗浄します。

乾燥

6. 乾燥

再度直射日光の当たらない場所で、乾燥させて完成です。

デザインによっては、一部だけ再度手で蝋で柄をふさぎ、染色を重ねることによって色彩を増やします。

一枚一枚、職人の手のぬくもりのあるものが、「ろうけつ染め」「バティック」なのです。

2021年1月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2021年2月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。